デリヘルというのはとても楽しいものです。

店舗型の風俗店と違って自宅やホテルで接待を受ける事ができます。

店舗だとやはり人の目が気になってしまい緊張します。
その独特の雰囲気と店舗型ならではのサービスが好きだという人も数多くいるのだと思いますが、私はそういった喧騒から離れたデリヘルが大好きです。

新宿というのは知らぬ者がいないほど有名な地です。東京の中でも賑やかなイメージがあり、デリヘルの数も少なくありません。

今までデリヘルを利用してきた経験からどうしても新宿でデリヘルを開業したいと思いました。
デリヘルというのは店舗を持たない為に人口密集地が有利です。

田舎であれば移動だけでも1時間以上とられてしまって効率が悪いです。

また嬢を集めるのも大変です。

都市部であればスタッフを集めるのも宣伝をするのも簡単だと思いました。

まず最初に調べたのは手続き的な所で規制がないかどうかです。

どうやら無店舗であればわりと簡単にできるようなのでそれほど気にしていませんでした。

ネットの情報を鵜呑みにしてしまったのです。後からこれが失敗だとわかりました。
意外と届けが受理されないことが多いようです。

またスタッフを集めるのも客を集めるのも過当競争で難しい事がわかりました。

楽して儲ける事などできないのだなぁと思いました。

また新宿の風俗へやって来ました。
ただ、私が住んでいる場所は新宿からは遠く離れているので、わざわざ新幹線を使ってまでやってきたのです。

ですから、ここに来るまでにも結構なお金を使ってしまいましたが、なぜそこまでして新宿の風俗を利用するのか。
実は、私は以前出張で新宿へ来たことがあり、帰る日の前日に風俗を利用したのです。
そして、そこで指名を女の子が、もう最高に可愛かったのです。

555

プレイの方も最高に楽しかったので、是が非でもこの女の子とはまたプレイしたいと思ったのです。
でも、今度はいつこっちに来れるか分かりませんし、女の子もいつ辞めるか分かりません。
ですから、女の子が在籍している間に、できるだけプレイしておきたいと思ったのです。

前日に女の子の予約をしておき、当日になったら朝早くの新幹線に乗って新宿まで行くのです。
予約をしておかないと、万が一女の子が指名できなかったら洒落になりませんから。
プレイ料金と往復の交通費で、かなりの出費になってしまいます。

ですから、地元では一切風俗は利用しませんし、他の娯楽も我慢しているのです。
女の子がお店を辞めるまでは、このような生活が続くと思います。
でも、それぐらいの犠牲を払ってでも、プレイをしたい女の子なのです。